ブルーベリーサプリの成分!ルテインやブルーベリーエキス摂取目安量

ブルーベリーサプリに含まれている主な成分は

  1. ブルーベリーエキス
  2. ルテイン

この2種類になります。

ブルーベリーエキスのアントシアニン含有量について

ブルーベリーエキスには目に有効なアントシアニンが含まれていて

ブルーベリーエキス(アントシアニン○○%含有)と記載されることが多くなっています。

 

DHCの「ブルーベリーエキス」を例に見てみると

ブルーベリーエキス170mgに対してアントシアニン36%含有なので

約61mgのアントシアニンが入っているということになります。

 

ブルーベリーエキスの1日あたり摂取目安量

120mg~250mg

ルテインの含有量について

ルテインは緑黄色野菜に多く含まれている成分で、野菜以外にもマリーゴールドから抽出することができます。

主な働きとしては有害な光(紫外線やブルーライト)に対する保護を行ってくれるほか、白内障など目の病気の進行を抑制する働きがあると言われています。

 

ルテインの体内保有量は年齢と共に減っていくので、歳を重ねるごとにより多く摂取する必要があります。

ルテインの不足は目の病気に対する抵抗力の低下などに繋がり、紫外線やブルーライトにも弱くなってしまうのでドライアイや飛蚊症などの原因にもなりかねません。

 

今回もDHCの「ブルーベリーエキス」の成分表を見てみましょう。

ルテイン(フリー体として)0.6mgとなっていますね。

フリー体というのは人体に存在しているルテインと同じ物という意味なので、吸収率が良くなっています。

 

フリー体とは別にエステル体というものが存在しますが、エステル体のルテインには脂肪酸が結合されているので

体内での吸収率が落ちてしまいます。

 

ルテインがフリー体なのかエステル体なのか表記されていないブルーベリーサプリもあるので、簡単に選べないところではありますが

可能ならフリー体のルテインが含まれているブルーベリーサプリを選びたいですね。

 

ルテインの1日あたり摂取目安量

6mg~20mg

自分の状況に合わせて成分比較をしましょう

ブルーベリーサプリと一言に言っても、成分の量に違いがあり有効な作用も違ってきます。

理想的なのはブルーベリーエキスとルテインが両方とも1日の目安量以上含まれているサプリです。

 

ですが、あなたの状況によってはどちらか一方が多くなっているブルーベリーサプリを選ぶのも十分アリな選択です。

 

例えばスマホやパソコン、ゲームなどモニターを眺める機会がとても多いなら、ブルーライトによるダメージが気になるので

ルテインが多く含まれているブルーベリーサプリを選ぶと良いですよね。

 

電子機器を眺める機会はそこまで多くなくて、新聞や小説などを良く読んだり、細かな作業が続いて眼精疲労になりがちなら

ブルーベリーエキスが多めのブルーベリーサプリを選ぶといいでしょう。